FC2ブログ
2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.05.01 (Sun)

あなたを待っています-30-




 井草は携帯電話を開いた。
 着信もメールもない。
 淡雪が学校へ来なくなって、二週間くらい経った。
 何度か連絡を取っているが一向に連絡は来ない。部活のメンバーも何度か連絡を取っているようだが、一度も連絡は来ていないと言う。
 本格的に心配になってきた。
 冷静で頭のいい奴だが、どこか危うい。薄い氷が張った湖に立っているような危うさを孕んでいる。
 井草は心配で淡雪の住むマンションに向かった。
 インターホンを押す。だが反応はない。

 (……いないのか……?)

「淡雪ー、いるのかっ!」
 井草はもう一度インターホンを押すが、出てこない。
 単純に不在なのかもしれないが、ここ何週間も連絡が無い為、最悪な事態を予想してしまい、引き下がる事が出来なかった。
「淡雪っ、俺だ! 井草だ!」
 ドアを数回叩くが反応はない。
 ドアノブを回すと、がちゃっとドアが開いた。
「不用心だな。泥棒入ったら大変だぞ……」
 そう言って井草はゆっくりと家に入った。
「淡雪、失礼するぞ……」
 部屋に入ると、中は騒然としていた。服は脱ぎ捨てられ、食器も場所関係なく置かれ、ゴミも放置されっぱなし。まるで荒らされた後のような有様。そして部屋の中に流れる雰囲気も冷たく張りつめていた。異様な光景。
 大丈夫なのかと、危惧が過る。

「……――何でいるんですか」
 突然低い声がした。
 淡雪だった。
 寝室から出てきた淡雪の青い瞳は氷の冷たく、敵意剥き出しだった。だが目の下はクマが出来て、憔悴していた。触れたら凍りそうなくらいの冷気が淡雪を覆う。
荒れているのが部屋と淡雪を見て一目瞭然だった。

「扉開いていたぞ」
「……あー、女が帰ってから閉めるの忘れていました」
 そう言って淡雪は舌打ちをする。あからさまな苛立ちを見せる淡雪を知りながらも話を続けた。
「お前が何週間も音信不通だから心配になったんだ」
「何も心配する事ないんで帰って下さい」
「嫌だ」
「帰って下さい」
「何で荒れてんだよ」
「荒れてません」
 強情な井草に対して、徐々に声に怒気が孕み始める。声が低くなる。
「お前らしくないぞ」
 学校ではいつも王子様のように優雅で余裕があり、井草の前では意地悪な事を言って来るがそれでも負の感情に呑み込まれる程感情的ではなかった。
 だが目の前にいる淡雪はどうだ。
 肌が痺れるような苛立ちを纏い、余裕など一切なかった。
 すると淡雪は自嘲に似た冷たい笑みを浮かべる。

「俺らしいって何ですか?」

 低い声。
 背中に悪寒が走る。
「あんたは俺の何を知っているんですか」
「な、何も知らない……」
 ドスのきいた低い声に一瞬怯むも、必死に声を振り絞った。
「知らないけど、今お前が辛そうなのは知ってる」
 触れたら壊れてしまいそうな目の前の男をじっと見つめる。
「そんなお前を一人に出来ない」
 正直今の淡雪は怖い。
 だが、それでも淡雪の傍にいたいと思った。荒れる淡雪の助けになりたいと思った。
 井草は目を逸らさず、淡雪を真っ直ぐと見る。
 すると淡雪は喉の奥をくくっと鳴らしながら、井草に近づき、見下ろした。
「は?」
 焦燥が交じる声で嗤う声が頭に落ちる。
 そして突然胸倉を掴まれたと思ったら、強く地面に叩きつけられた。背中と頭に激しい衝撃が襲い、息が出来なかった。目が眩む程の強い光が走り、一瞬意識が飛ぶ。
 ごほごほっと、何度も咳をする。
 何をされたのか分からなかった。
 ゆっくりと目を開けると、そこには淡雪の顔があった。
「じゃあ犯されても何も言えないぞ」
 視線で人を殺しそうな程の鋭い眼差しと、低い声に喉の奥がひゅっと変な音を鳴らす。
 恐怖で指先が震え、胃が締め付けられる。
 本能が逃げろ、と警告音を出す。
 だが、

「逃げない」
 揺るぎのない言葉を発する。

 視線を逸らさず淡雪を見つめる。
「震えていますけど」
 小馬鹿にするように低く笑った。
 すると井草はゆっくりと淡雪の腕に触れた。
「怖いけど、お前を一人にする方が怖い」
 怒気を孕む青い瞳の奥は揺れている。自分の感情を上手く抑える事が出来ない事が見て取れる。こんな不安定な淡雪を一人に出来ない。
 井草は込み上げる恐怖を抑えながら、淡雪を見据える。
「嫌がっても解放しませんからね」
 そう言って淡雪は、井草の首元に頭を埋めた。



←BACK*NEXT→
□■□■
↓クリックして頂けましたら、とても嬉しいです^O^
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


18:14  |  ✩あなたを待っています  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016.05.01(日) 19:26 |   |  【コメント編集】

■こんにちは

>kikyou さま
こんにちは!お久しぶりです。
また最近になって更新をはじめましたので、今後もよろしくお願いします!
ええ、少し前から社会人なのですが、更新の頻度が全く上がらず、停滞していました……っ
時の流れは速いでしょね、すごく恐ろしいです…このブログを初めたのがとうの昔のようです…ガクブル

誤字の指摘ありがとうございます!早速直しました。ありがとうございます^^

書き込みありがとうございます!!
まじきみ |  2016.05.06(金) 15:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://blhanadan.blog116.fc2.com/tb.php/1202-3f9db9e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。